サンクスヘッダー1
サンクスヘッダー2
スマホヘッダー

WEBキャンペーン

アスタッグ

HOME >> | 対応症例 | 足底筋膜炎

足底筋膜炎・足裏の痛みによる以下のお悩みはありませんか?

足底筋膜炎の悩み

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎とは?
 

足底筋膜炎の症状とは?

足底筋膜炎の症状とは?
 

足底筋膜炎の発生原因とは?

足底筋膜炎の原因
 

当院の足底筋膜炎アプローチ

足底筋膜炎のアプローチ

足底筋膜炎のQ&A

Q.足底筋膜炎がひどい、重症なときはどうしたらよい?

A.まず一度当院にご相談下さい。
炎症反応が起きている場合、安静にする事が一般的な治療となります。
ただし周囲の筋肉や関節が異常に緊張している状態では血流が阻害され治りが遅くなってしまうケースもあります。
炎症の度合いを見て適切な治療を行うことが重要となります。

痛みが極端に強く歩けないなどの場合にはステロイド剤の投薬や外科的な手術を行うケースもありますが多くは手術を行わない保存療法で治癒されます。

Q.足底筋膜炎にはマッサージは有効?

A.症状の一時的な緩和には有効です。
痛みの緩和の為に足裏の筋肉や指先をマッサージすることで症状が和らぐことは考えられます。

しかし、使い方を改善させるための歪みの治療を合わせて行わないと、マッサージによる痛みの緩和は一時的なものとなり繰り返してしまう事がほとんどです。

Q.足底筋膜炎を根本から治すためには?

A.生活習慣の見直しと、骨格の歪みを整える必要があります。
足底筋膜に負担がかかっている要因としてオーバーワークや長時間の立ち仕事などがある場合は練習量や、働き方の見直しが必要になります。

どうしても仕事量や運動量を変えられない場合はインソールを変えたり、室内でのスリッパやサンダルなどを見直すなど足にかかる負担を分散させることが必要になります。
加えて身体の歪みを整えることが効果的です。

Q.足底筋膜炎になりやすい仕事や生活、スポーツとは?

A.主に陸上競技や球技などのスポーツ、立ち仕事や良く歩く仕事、安全靴を履いての仕事の方はなり易いです。

その他足の筋力が弱い方や偏平足、外反母趾などもともと足のアーチが崩れている人がなり易いと言われています。

Q.足底筋膜炎を自分で治す方法

A.まずやるべきは生活習慣の見直しとなります。

練習量や仕事量の見直しから行います。痛みを我慢しながら使い続けるとより悪化、長期化してしまうリスクもあります。
自宅でできるセルフケアとしては、ふくらはぎのストレッチを行うことは効果的です。
合わせてインソールや靴の見直しを行い足の負担を減らしましょう。

足全体の歪みを整え早期の回復を目指したい方は一度当院にご相談ください。

施術前・施術後のBefore&After

K.Eさん

施術前と施術後を比べて上半身の姿勢が改善され、より女性らしいスタイルに。
※効果は個人差があります。

 

Y.Hさん

施術前は後ろ重心でしたが、施術後に安定した重心となり、姿勢が良くなりました。
※効果は個人差があります。
 

I.Yさん

施術前は猫背が強く、背中が丸まりやすい状態でしたが、施術後に大幅に猫背が改善されました。
※効果は個人差があります。
 

全国で実力のある有名な整骨院の先生からも厚い支持を頂いております

特徴①
他院との違い
 
クーポン

ホットペッパービューティーから24時間ご予約可能です。

LINEならスグに予約状況がわかります!

キャンペーン
※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。
ウェルカム整骨院 見取り図
※JR武蔵野線三郷駅から徒歩1分。
南口ロータリーの日高屋さんの隣にあります。
フッター

店舗所在地

〒341-0024
埼玉県三郷市三郷2-2-19
サクセスビル1F

電話番号

048-999-5415

営業時間

月曜~金曜
11:00~20:00
土曜・祝日
9:00~18:00
日曜定休日

LINE予約

電話バナー